Top
 
<   2007年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
 
忘年ワイン会
O夫妻、T夫妻を招いての忘年会。今年は飲みました~。
バルタン星人じゃないッス!
d0099318_21403612.jpg

阿寒湖から取り寄せたウチダザリガニ。最近はフレンチの高級食材として注目されている。ボイルしてサラダに。
d0099318_21411224.jpg

d0099318_21472937.jpg

スタートはお土産で頂いたBOLLINGER Grande Annee’99 で乾杯!
すっきりした辛口の美味しいシャンパーニュ。
d0099318_21522851.jpg

ムーラン・ド・ギャレットの仏産小麦を使用したフランスパン。香りが良くてパリパリ感もよろしい。
d0099318_21551488.jpg

リコルマで有名なサンジュスト・ア・レンテンナーノのキャンティークラシコ/レバロンコーレ'01とグリッリ・デル・テスタマッタ'04を
メインの前に飲み干す。グリッリ―はテスタマッタのセカンドとは言え、ポテンシャルのあるワイン。もう少し置いた方が良さそう。
d0099318_2235373.jpg

帆立と百合根のサフラン風味のリゾット。
d0099318_225465.jpg

先日取り寄せて旨かった白糠産仔羊。今回はモモ肉を追加オーダー。脂の旨みを知る。
d0099318_2271516.jpg

洋梨のコンポートとお土産で頂いた“アニバーサリー”のロールケーキと“あまおう”。
d0099318_22102289.jpg

6人で飲み干した6本。
●BOLLINGER Grande Annee '99
●PLANETA Cometa '05(Planeta)
●Grilli del Testamatta '04 (Azienda Agricola Bibi Graetz)
●Chianti Classico LE BARONCOLE '01 (San Giusto a Rentennano)
●AVVOLTORE '01(MORIS FARMS)
●Cornas Les Terrsses du Serre '02(Matthieu Barret)

Click!! GO!!!⇒blogランキング

[PR]
by gitanes_1964 | 2007-12-30 22:24 | イタリアン
 
生ビーツのサラダ
ユッケみたいだけど、実は生ビーツのサラダ。
蕪とも大根とも違う食感。甘みがあって美味しい。
d0099318_045627.jpg

[Recipe]

●ビーツの皮をやや厚めにむいて手早く水洗いしてキッチンペーパーなどで水分をぬぐう。
●ボウル塩、オリーブオイル、マスタード、白ワインヴィネガーを入れてよく混ぜる。
●皿に盛り付けて白ゴマを振る。

Click!! GO!!!⇒blogランキング
[PR]
by gitanes_1964 | 2007-12-23 00:17 | イタリアン
 
12月16日 朝
大雪の降った翌朝、旭山公園を散策

d0099318_1522160.jpg
d0099318_1523057.jpg
d0099318_1523912.jpg
d0099318_1524854.jpg

d0099318_1525758.jpg


Click!! GO!!!⇒blogランキング

[PR]
by gitanes_1964 | 2007-12-16 15:06 | photo
 
しもくら
・牡丹海老 20cm以上ある大物。頭は焼きで。
・細魚
・伊佐木
・縞鯵
・鯛(ハラス)
・雲丹 根室産馬糞雲丹。
・鮪(赤身)
・鮪(カマトロ) 歯応え、脂十分。大間産。
・鰤
・関鯖
・鱈 柔らかくねっとりとした食感。
・穴子
・アラ
----------------
・関鯖
・鮭児
・ビール×2
----------------
[PR]
by gitanes_1964 | 2007-12-16 01:11 |
 
ワインラック
なんとなく集めたワインが増えて来た。
北海道とは言え夏はかなり暑くなるので、(別に高価なワインが有る訳では無いのだが)そこら辺に転がして置くのも心配だ。
幸い傾斜地に建つ我が家は構造上、玄関が地下室になっているので夏はそこに避難させていたのだが、量が増えてくると
場所をとってしまう。
以前から、体のいいワインラックを探していたが意外と見つからないものだ。デザインに凝ったモノは飽きてしまいそうだし、収納量
が少ないモノも先々心配だ。色々探した結果、シンプルな木製4マスタイプのラックに落ち着いた。価格も安いく、量が増えても
買い増しできるところが良い。1マスに6本収納できるので1ラックで24本、4つあれば100本近く収納できるから、現在の倍ま
で増えてもOKだと高を括っていたのだが、空きスペースが気になって購入量が加速して来た。買い増しする日も近そうだ。
Click!! GO!!!⇒blogランキング

d0099318_2281750.jpg

[PR]
by gitanes_1964 | 2007-12-13 22:09 | VINO
 
道産仔羊(白糠)
白糠の仔羊をお取り寄せ。

d0099318_22344453.jpg
▲解体したところ

d0099318_22345786.jpg
▲ローズマリーと大蒜、オリーブオイルで半日マリネする。

d0099318_22394566.jpg
▲メインの前に...帆立、百合根、トマトのスパゲティー

d0099318_22391299.jpg
▲シンプルにスキレットで焼きあげる。(ケッパーを散らして)

d0099318_224306.jpg
▲Planeta Syrah(プラネタ シラー) ◎


Click!! GO!!!⇒blogランキング

[PR]
by gitanes_1964 | 2007-12-08 22:47 | イタリアン
 
和食の後はワイン&グラッパ(MARU:NI)
エルムガーデンでは酒をセーブして、MARU:NIへ移動。
金曜日と言うこともあったが、22時を過ぎても満員状態で盛り上がっている。
d0099318_2158561.jpg
▲季節の野菜のピクルス
茗荷がお気に入り。
d0099318_21591179.jpg
▲ワインはコートデュローヌのCornas Les Terrsses du Serre(コルナス レ テラス デュ セール)
黒味を帯びた濃い紫色。最初シラー独特の胡椒のようなスパイシーな香り、時間が経つと果実香が混ざり複雑さが増す。
まだ若いが力強さに溢れた美味しいワイン。
d0099318_2220298.jpg
▲シェフのスペシャリテだと言うアンドゥイエット(臓物のソーセージ)
ハツ、トリッパなど内臓を詰めたソーセージだが食べやすくて美味しい。個人的にはもっとクセの強いのが好みだが...。
d0099318_22235453.jpg
▲干葡萄入りのロマーノ・レヴィ
干し葡萄の甘い香りがフェミニンなグラッパに良く合っている。
d0099318_22275623.jpg
▲わがまま言って漬け込みの干し葡萄をオネダリ姫
楽しい夜でした


Click!! GO!!!⇒blogランキング


DATA
Wine Shop + Restaurant MARU:NI(マルニ)
〔adress〕札幌市中央区南5条西24丁目 3-16
〔phone〕011-530-0202
〔time〕18:00-25:00
[PR]
by gitanes_1964 | 2007-12-04 22:36 | フレンチ
 
道産小麦の生パスタに感動(トラットリア デッラ・アモーレ)
chirolnさんからリコメンドされたTrattoria Dellamore(トラットリア デッラ・アモーレ)へランチに。
道産小麦の手打ち生パスタが美味しいとか。
d0099318_2139691.jpg
白を基調にした店内はオープンキッチンで料理を待っている間も楽しい。見ている方は楽しいけど、
作る方は気が抜けないだろう。それだけにシェフの自信を感じる。
d0099318_21393521.jpg
▲ラグーのフェットチーネ
“ラグー”に無条件に反応してしまうラグー好きなので迷わずオーダー。
牛挽肉とポルチーニを赤ワインで煮込んでから更にトマトで煮込んだという手の込んだラグーは深みのある味わい。
手打ち生パスタはコシが強く、もっちりした歯応えでとても美味しかった。
d0099318_21402323.jpg
▲サルシッチャ(ソーセージ)のスパゲッティ
自家製ソーセージと北あかりのスパゲッティーはサッパリとした味わい。こちらの太めの生スパゲッティも喉越しが良くて美味しい。


Click!! GO!!!⇒blogランキング


DATA
Italian Trattoria Dellamore
〔adress〕札幌市中央区宮の森1条4丁目 パナシェ宮の森1F
〔phone〕011-826-6770
〔time〕11:30-15:00/17:30-22:00
〔Homepage〕Trattoria Dellamore
[PR]
by gitanes_1964 | 2007-12-03 21:41 | イタリアン
 
季の苑 エルムガーデン(大人の隠れ家)
元老舗料亭“エルム山荘”が大人の隠れ家的レストランに生まれ変わって4年。広大な敷地に、風格のある日本建築は、
かつて政治家や財界人が夜毎集った往時を偲ばせる。

久しぶりにchiroln夫妻とディナーへ出かけた。
d0099318_15443150.jpg
牡蠣のトマト醤油焼
焼牡蠣も一手間加えると何時もと違った味わい。見た目も美しい。

d0099318_1662558.jpg
八寸
湯葉シュウマイ、自家製蛸の沖漬け・大根にカラスミ、平目昆布〆、慈姑チップ、公魚天ぷら、鱈の肝

d0099318_16104182.jpg
刺身
活烏賊、戸井鮪、牡丹海老、平目

d0099318_1612592.jpg
揚げ物
キンキと海老しんじょをクラッカーの衣で

d0099318_16133610.jpg
宗像牛のステーキ

d0099318_16152064.jpg
鯛めし(鰹出汁・味醂・醤油)
美味しかったのでお替り。

Click!! GO!!!⇒blogランキング


DATA
季の苑 エルムガーデン
〔adress〕札幌市中央区南13条西23丁目5-10
〔phone〕011-551-0707
〔Homepage〕季の苑 エルムガーデン
[PR]
by gitanes_1964 | 2007-12-02 16:23 | 和食
 
ブルース・ウィリス!?
世界一ツイてない男、ジョン・マクレーン刑事ことブルース・ウィリスに遭遇...?
d0099318_0365130.jpg

実は11.28に円山のワインショップ&レストランMARU:NIで、イタリア、スロヴェニアの自然派ワイン界をリードする造り手6人を
招いたワイン会でのラディコンさん。ラディコンと言えば今やイタリア自然派ワイン界を代表する造り手。
d0099318_1211795.jpg

写真奥(スプマンテ~白~赤)から順に飲み進んで、ラディコン(手前)に辿り着く頃にはかなり酔いが...。
d0099318_14241100.jpg

最初から飛ばして飲んでいたので、階段から落ちそうに...。MARU:NIの階段は狭いうえに傾斜が急なので要注意!


Click!! GO!!!⇒blogランキング

[PR]
by gitanes_1964 | 2007-12-01 01:44 | VINO


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30