Top
 
こんな家に住みたい!(リチャード・ノイトラ)
       の言葉を借りれば、「よい建築は人間を癒し、悪い建築は害を及ぼす」とは言い得て妙。
       所詮、数十年の人生で、滞在時間の殆どは会社でも、、、癒し・安らぎの空間として自宅は
       重要な要素だと思う。住宅に求めるものは人それぞれで、デコラティブなスタイルを好む人も
       居れば、虚飾を廃した筋肉質な箱に価値を見出す人も居る。しかし、両者とも求める機能
       は“癒し”の空間では無いだろうか?

       一方、モダニズム建築の巨匠コルビュジエは「住宅は住むための機械だ」。と冷徹な言葉を
       残している。“機械”と言うフレーズが時として誤解を招くが、彼がスイス出身で、父親が時計
       職人だったので、「緻密に計算され尽したモノ(器)」と言う意味で使ったのではないかと思う。
       住人視点で考えれば、長時間過ごす空間はシンプルなもの程、疲れないのは事実だと...。



       ▼先日招かれた知人A氏宅
d0099318_2247655.jpg
       無機質な白い箱の中に、ジョージ・ネルソン(勿論オリジナル)など垂涎の家具が並ぶ。

d0099318_22485484.jpg

d0099318_22475040.jpg

d0099318_22493061.jpg
       溜め息が出るほど美しいドンブラハの水栓金具

d0099318_015541.jpg


d0099318_0161540.jpg


       Richard Joseph Neutra/The Kaufmann House

       Click!! GO!!!⇒blogランキング
[PR]
by gitanes_1964 | 2009-06-24 23:54
<< そば処 楽一(ニセコ) ジャン・ヴァンサン セナックの... >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
casserole(キャ..
from 欲と二人連れ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧