Top
 
裏切りの連続...おでん 竹千代(金沢)
金沢には、おでん屋が多いと言うのは知らなかった。
実際繁華街にはおでん屋が多く滞在中、3軒を食べ歩いた。

繁華街の雑居ビルの1階にある竹千代は「おでん屋」と言うことにはなっているが、それを真に受けると
裏切られる店だ。勿論、いい意味で。
入り口の雰囲気からして、旨いものを喰わせてくれそうな、いい雰囲気を醸し出している。おでん屋と
言うより割烹と言ったほうが良いだろう。料理は、メニューは無く主人のお任せコースのみ仕立てとなっている。
この日の構成は、つまみ、揚げ物、棒鮨、おでん(手の込んだ6品)、釜飯、デザート。釜飯は、旬の素材で
締めを括る、この店のスペシャリテだ。


d0099318_19151835.jpg


〈〈この日の料理〉〉

(つまみ)
鯨塩茹
ベーコンにする部分を、良いのが入ったのでと言ってシンプルに。

(揚げ物)
いが栗に見立て鱈しんじょ。栗を鱈のしんじょで包み、ソーメンを刺していが栗に見立てた揚げ物。中に入って
いる、甘みのある栗と鱈のしんじょの組合せがリズミカルで面白い。

鯖棒鮨

(おでん)
下仕込みした物を一品一品、器で蒸して温め、別に温めた出汁と合わせて提供する手の込みよう。
素材を纏めて煮るタイプのおでんではないので、素材独特の味がストレートに伝わる。出汁は関西風の上品で
しっかりした味付け。器も九谷、織部、唐津など主人のセンスが光る。

・鶏つくね:軟骨のコリコリした食感も良い。
・身欠き鰊と蓮根団子:別々に味付けしているので、鰊、蓮根の味が生きている。上品な出汁で上手く纏まっ
 ている。
・焼き蒟蒻:焼い蒟蒻の食感がステーキの様。
・すっぽん:滋味溢れる旨さ。
・がんもどき:百合根、銀杏などが入った手の込んだ一品。
・蛸と大根:柔らかく煮た蛸と出汁を吸った大根の組合せが素晴らしい。

どれも手が込んでいて、会席料理の炊物のようで、所謂おでんの範疇を超えている。
大阪の料亭で修行をした、主人の工夫が存分に表現されている。



d0099318_2020057.jpg

香箱蟹の釜飯
土鍋で40分程炊く。店中が蟹の香りに包まれる。

デザート
・南瓜と豆乳プリン
・栗茶巾絞り
抹茶



Click!! GO!!!⇒blogランキング


DATA
竹千代
〔adress〕石川県金沢市広坂1丁目1-28広坂パレス
〔phone〕076-262-3557
〔time〕12:00-13:00/17:00-22:00
[PR]
by gitanes_1964 | 2008-12-10 20:40 | 北陸 2008
<< 何も無い非日常「べにや無何有」... La Sante(ラ・サンテ ... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31