Top
 
<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
 
ボルシチ
生のビーツが入ったので久しぶりにボルシチに挑戦。
寒い国の料理だけあって体が温まる。
因みにビーツの効能は高血圧予防、肝機能強化、貧血改善だとか。
美味しくて体にもいい。
d0099318_23302754.jpg


Click!! GO!!!⇒blogランキング

[PR]
by gitanes_1964 | 2008-01-27 18:57 | ロシア
 
ミルキーな牡蠣(仙鳳趾/センポウシ)
北海道は海水温が低いから、1年中牡蠣を食べることができるのだけど、やっぱり寒いこの時期が一番旨い。
中でもお気に入りなのは、釧路町の“仙鳳趾(センポウシ)”産のもの。
ここの牡蠣が旨いのは、山が海まで迫っていて十分なミネラルが海水に含まれていることと潮流が速く身が締まっているから。
濃厚なクリームを食べているような...生牡蠣の概念が変わる味わい。
d0099318_1463728.jpg

d0099318_1475179.jpg

d0099318_158216.jpg

ルイ・ジャドのシャブリで。

Click!! GO!!!⇒blogランキング

[PR]
by gitanes_1964 | 2008-01-20 02:01 | フレンチ
 
茶月斎で個性的な中華料理を堪能
南三条通りの一角にある中華料理“茶月斎”は個性的な中華料理を出す店として有名。
ビストロ風の洒落た店内は中華料理屋には見えない。出てくる料理はどれも一工夫されているが基本を押さえた中華料理で
ヌーベルシノワとは違う。それぞれの食材の持味を組み合わせて相乗効果上手く引き出している。
d0099318_9454043.jpg
▲百合根と帆立の春巻き
魚介類と相性の良い百合根を春巻きにしている。
d0099318_1021067.jpg
▲ピータンとピーマンの揚げ浸し
ここのピータンは黄身がとてもクリーミーで美味しい。
d0099318_1035369.jpg
▲海老のチリソース
スナックえんどうが彩りと食感にアクセントを加える
d0099318_1051731.jpg
▲豚肩ロースと青菜の炒め物
d0099318_1062243.jpg
▲麻婆豆腐
辛さの中に甜麺醤の甘みが引き立つ。山椒をタップリかけて...。
d0099318_10104619.jpg
▲子袋と穴子と豆腐とニラの鍋
弾力のある子袋と柔らかい穴子の食感が楽しい。
d0099318_10135540.jpg
▲紹興酒のアイスクリーム
サッパリとした大人のアイス。香りは紹興酒そのもの。

Click!! GO!!!⇒blogランキング

DATA
茶月斎
〔adress〕札幌市中央区南3西8-12-4
〔phone〕011-272-4202
〔time〕18:00-25:00
[PR]
by gitanes_1964 | 2008-01-19 10:19 | 中華料理
 
MARU:NIのランチ
先週から土・日・祝のみランチを始めたマルニに早速出かける。
d0099318_22252594.jpg
▲前菜のパテ・ド・カンパーニュ(昨日のカワサキにつづき...。)
d0099318_22282539.jpg
▲栗南瓜のスープ
甘~いスープに塩分の効いた生ハムがアクセントになっている。こういう使い方はいいね。
d0099318_2234454.jpg
d0099318_22342799.jpg
▲仔羊のロースト(肩ロースだったかな?)
ジューシーで最高の焼き加減!
d0099318_22372882.jpg


前菜、スープ、メイン(肉 or 魚)、デザート、エスプレッソで¥2,500-のコース。(満腹)


Click!! GO!!!⇒blogランキング


DATA
Wine Shop + Restaurant MARU:NI(マルニ)
〔adress〕札幌市中央区南5条西24丁目 3-16
〔phone〕011-530-0202
〔time〕18:00-25:00/Lunch 11:50-14:00 L.O. (土日祝日限定)
[PR]
by gitanes_1964 | 2008-01-16 22:42 | フレンチ
 
活動再開☆Bistrot KAWASAKI(ビストロ カワサキ)
'08年のスタートは、昨年のタパス以来二度目のビストロ カワサキ。
美味しい料理を気取らずにたくさん食べられるところが最高。
d0099318_18341074.jpg
▲田舎風パテ
ここの田舎風パテは旨い。ボリュームがあるが、澄んだ脂はしつこく無く香りが鼻に抜けていく...。
d0099318_1846953.jpg
▲鶏レバーとフォワグラのムース
滑らかでねっとりとしたムース。仄かなレバーの香りが口の中で融けて行く。
d0099318_1849277.jpg
▲鶏レバーのクリーム煮マスタード風味
食べるまで味の想像が付かないが、レバーのコクを残して、円やかに仕上げた一品。
レバーの火の通り加減が絶妙。
d0099318_1854835.jpg
▲仏産雛鶏の煮込み(付け合せ:ニョッキ)
内臓が続いたのであっさりとした煮込みを注文。それにこの日は凄~く寒かったので、煮込み料理で温まりたかった。
柔らかな雛鶏をトマトで上品に頂く。
d0099318_18585072.jpg
▲Chateau Lanessan 2001
d0099318_1974630.jpg
▲クレームブリュレ
表面のカラメルの殻を割る幸せ...。Click!! GO!!!⇒blogランキング


Bistrot Kawasaki
〔adress〕札幌市中央区大通西25丁目1-30
〔phone〕011-640-2177
〔time〕18:00~24:00
[PR]
by gitanes_1964 | 2008-01-13 19:13 | フレンチ


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31