Top
 
カテゴリ:食材( 11 )
 
自己主張
d0099318_20391179.jpg
       ナンとも不思議な形状である。
       巻貝の群生のようでもあり、恐竜の背中のようでもあり...神々しくさえある。

       ロマネスコと呼ばれる、ブロッコリーとカリフラワーを掛け合わせた、比較的新しい野菜らしい。
       その風貌からか注目度が高いみたいだ。ググってみると沢山のサイトが引っ掛かってくる。
       中には「ロマネスコ日記」なるロマネスコの栽培記録を淡々と掲載するブログもあったり。

       味は両親の特長をしっかりと引き継いでいる。
       見た目のインパクトが強いので、サラダに紛れ込ませても目立つ。
       優等生揃いのガルグイユの中でも、両親に挟まれてしっかりと自己主張していたなぁ~。

       Click!! GO!!!⇒blogランキング
[PR]
by gitanes_1964 | 2009-12-02 21:26 | 食材
 
今週のマルシェ☆カルチョーフィ(アーティチョーク)
d0099318_18513184.jpg


マルシェにてカルチョーフィ(アーティチョーク)を購入。
フォトジェニックな食材だが、食べるとなると労力の割には食べるところが少ない。
タップリの湯にレモン汁とオイルを少し入れて、30分ほど茹でる。
内側の柔らかい萼の部分を扱いて食べる。百合根のようで旨いのだが、もっと食べたい。
Click!! GO!!!⇒blogランキング

↓Marché
[PR]
by gitanes_1964 | 2008-09-06 19:03 | 食材
 
滾る
噴火湾沿岸は夏の間、暖流(対馬海流)の影響を受けて霧が発生し晴れることは少ない。水平線と空の境が分から
ないこの時期、この辺り一体は毛蟹漁の最盛期を迎える。漁師の番屋で茹で上がったばかりの毛蟹をいただいた。
d0099318_2133621.jpg

d0099318_21252130.jpg

d0099318_2129933.jpg


http://fotologue.jp/gitanes/

More...
[PR]
by gitanes_1964 | 2008-07-21 21:41 | 食材
 
賀茂とうふ 近喜
天保五年(1834年)創業、京都の老舗豆腐店「近喜」の豆腐が実家から届く。
d0099318_2336331.jpg

青碧豆腐
岩手県(一部宮城県)産もしくは福井県越前大野産「岩手みどり」で作った汲み出し豆腐。

湯葉とうふ
福井県産「さとういらず」大豆で作ったおぼろ豆腐に、北海道産「音更大袖振」と宮城県産「宮城白目」をブレンドした
豆乳からとった湯葉をのせた豆腐。

京揚げ
大豆は滋賀県産エンレイ種を使用。菜種白絞油で一枚一枚丁寧に、手揚げしている。
[PR]
by gitanes_1964 | 2008-06-11 23:56 | 食材
 
キノコ狩り
d0099318_13173365.jpg

キノコ狩りはタイミングが重要だ。去年採れた所でも、一週間ズレただけで全く採れないこともある。
今日は晴天で気温も低く、昨日雨が降りキノコ狩りには絶好の条件が揃った。早起きして森へ。


★ヌメリスギタケ(手前)
味噌汁、蕎麦などに。

★ヤマドリタケ
イタリアではポルチーニ。パスタ、リゾットなどに。
近種にヤマドリタケモドキがあるがこちらは柄が
網目状なので区別が付く。


★タマゴタケ(赤)
卵の黄身の様に濃厚な味。生のままサラダや
バター炒めに。良く似たベニテングタケは有毒。


★ヤマイグチ(右)
ヤマドリタケに近いが、香りが強い。
パスタ、リゾットなどに。



Click!! GO!!!⇒blogランキング

[PR]
by gitanes_1964 | 2007-09-30 13:38 | 食材
 
秋の恵み
d0099318_1022147.jpg

d0099318_10284620.jpg

d0099318_10291763.jpg


Click!! GO!!!⇒blogランキング

[PR]
by gitanes_1964 | 2007-09-24 10:31 | 食材
 
しましまズッキーニ
d0099318_20432487.jpg
ズッキーニを食べなれている人に是非食べて欲しい、
この縞模様のズッキーニ。
我が家の食料庫として化している、スーパーフィノッキオ
に3年ほど前から登場している。

店では「しましまズッキーニ」と言う名で売られているが、
netで調べたらイタリアの伝統品種で正式名はCosta
Romanesque(コスタロマネスク)と言うらしい。
『ローマの海岸』付近で栽培されていたんだろか?
ん?でもRomanesqueは仏語だなぁ・・・。
意味がややこしくなって来た。

Romanesqueは仏語で“ローマ風の”とか“ローマ様式”
と言う意味だが、Costaは難しい。伊語では“海岸”だが
仏語では“肋骨”だ。ローマ(風)の肋骨?野菜にしては
妙な名前だ。写真のようにうねった、凸凹が肋骨に見えなく
も無いが、情報が無くgive up。

さて、肝心の味は甘みが強くてジューシー。
切っておいて置くだけで、切り口から水分が滴るほど。
食べ方は、軽く塩をして、フライパンで焼くだけ。
焼きあがったら胡椒とオリーブオイルを掛けるだけ。
ズッキーニの概念を一新させること間違いなし。

d0099318_20433930.jpg

Click!! GO!!!⇒blogランキング
[PR]
by gitanes_1964 | 2007-07-19 21:57 | 食材
 
クビレズタって何よ?
d0099318_2235278.jpg

緑色した蛙の卵の様なこの物体、正式名をクビレズタと申します。

一般にはウミブドウとかグリーンキャビアと呼ばれてます。

プチプチの食感と塩味が、確かにキャビアを彷彿とさせます。

Click!! GO!!!⇒blogランキング
[PR]
by gitanes_1964 | 2007-07-10 23:01 | 食材
 
のみやまファーム(三笠)
d0099318_21435178.jpg

三笠に“のみやまファーム”と言う、ちょっと変わった農場がある。公務員(海上保安庁~外務省)を退職して、
横浜から三笠に移り住み農業を始めたと言う。(blogより)

商業主義に囚われない、安心で美味しい野菜作り、そして来訪者とのふれ合いを大切にしているようだ。
考えて見れば極めて真っ当な生産者なのだが、今や貴重な存在なのかと、ミートホープ事件のニュースを見て
いると思えてしまう...。



▼満開のジャガイモの花
d0099318_2285036.jpg

のみやまファームは基本的には農協への全量出荷なのだが、来訪者への直売も行っている。でもよくある、
ビニールに入った野菜を棚から取ると言う販売スタイルではない。ハウスの中に入って、直接、枝から捥ぎ、
土から引っこ抜くスタイルなのだ。しかもハウス内で食べるのは無料、持ち帰る分だけ量り売りと言う、イチゴ
狩りモデルを野菜に応用した新戦略!
のみやまファームの野菜たちは...↓

続き
[PR]
by gitanes_1964 | 2007-06-25 22:43 | 食材
 
合馬(おうま)の筍
九州福岡から送られてきた合馬の筍。合馬は良い筍が採れるので有名で、京都の料亭でも使われている。
南の植物である竹は、津軽海峡を越えられなかったので北海道には竹林が無い。北海道で筍と言えば、一般には根曲がりたけのことで、
GWの時期になるとこれを採りに多くの人が山に入る。実はこのタケノコ狩りが危険で、背丈ほどの竹の中を進んでいるうちに方向感覚を
なくし迷ってしまったり、冬眠から醒めた羆の餌食になったりとまさに命がけなのだ。→北海道の美味しいblog ranking

話しを戻すと、生の筍は今時期のほんの僅かな期間しか食べられない貴重品。今年の九州は春先の高温の影響で、筍があっと言う間に
成長してしまい特に期間が短かったらしい。地元でもあまり出回らず入手するのが大変だったとか。
d0099318_10443995.jpg

★筍と海老の炊き合わせ
彩りが美しいと食もすすむ。
d0099318_2181180.jpg

★筍の刺身
穂先は柔らかくてえぐみが少ない。
d0099318_2194441.jpg

                                                         ↓ ↓ ↓
d0099318_12351739.gif

[PR]
by gitanes_1964 | 2007-04-22 22:31 | 食材


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30