Top
 
North Continent(ノースコンチネント)
最近、円山周辺がハンバーグで盛り上がっている。老舗の“グリュスゴット”、“レストラン西川”、炭焼きハンバーグの“竈”、
そして「アド街」で放送されて以来人気急上昇の“ノースコンチネント”...。日本人はハンバーグ好きが多いし、安い
割りにチープ感が無いからデートにも使える。ランチでもディナーでもイケて、一人でも大勢でもOK。使い回しが効く便利
なヤツだ。そんな訳で、奥様が帰省中の私は、人気の程を確かめに“ノースコンチネント”に行ってきた。
木の床とオフホワイトの壁で温もりを感じる店内。長いカウンターの前に鉄板があり、完全なオープンキッチンなっている。

メニューは十勝あか牛、サロマ牛、蝦夷鹿の3種の肉に、八丁味噌のデミグラス、チーズ、玉葱すり下ろしなど8種類のソ
ースが選べるので計24通りの組合せが可能となり、リピーターも飽きさせない工夫はマーケティング的にもいいと思う。
ソースが選べる店は多いが、それぞれ特徴のある3種の肉を用意するというアプローチはハンバーグ店としては斬新だ。

d0099318_2119075.jpg

24種の組合せから選んだのは、サロマ牛×八丁味噌のデミグラス。サロマ牛は初めて食べたがジューシーと言うよりは、
肉質のしっかりした、脂身の少ない、噛むほどに味の出る肉だ。

八丁味噌のデミグラスは言われなければ“味噌”と言う感じはしないが、普通のデミグラスソースとは確かに違う。
ちょっと表現し難いので、是非自分の舌で味わって欲しい。固めの味のあるサロマ牛には合っていた。

150g程の肉に、サラダ、素揚のジャガイモがワンディッシュに盛られてくる。空腹の男性には少ないか?
肉のグラム数を選べると良いと思う。

d0099318_21191012.jpg
10分以上焼いていたと思うが、中はご覧の通りレア。
最近流行の焼き石が付いてくるので、焼き加減を後から調整できる。

荒引きの肉は、噛み応えがありステーキを食べているよう。肉の旨みがあって美味しい。コクのあるソースと合う。


全体の感想としては、また行ってみたいと思わせる店。ただワインセラーまで用意して、高級感を漂わせている割
にテーブル会計ができないのが残念。スタッフが少なく、客がレジに立ってからアタフタしていたので、気を利かせた
つもりだが、レジに誘導された。その挙句、前の客が割り勘でさんざん待たされるハメに...。
ホスピタリティーに欠けている印象が残った。


Click!! GO!!!⇒blogランキング


DATA
North Continent(ノースコンチネント)
〔adress〕札幌市中央区北5条29丁目2-1エステート宮の森1階
〔phone〕011-613-8809
〔time〕11:30~14:30/17:00~22:00
[PR]
by gitanes_1964 | 2007-10-01 22:54 | 洋食
<< オンネトー 天然キノコ(ヤマドリタケ)で2品 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
casserole(キャ..
from 欲と二人連れ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧